注文ノルマの内容と注意点

単身生活者の中にはスーパーやコンビニに買いに行く手間を省くためにウォーターサーバーのレンタルサービスを利用する人も多くいます。このサーバーのレンタルを利用するに当たって気を付けなくてはいけないのが注文ノルマです。注文ノルマとは文字通り業者が設定している注文数のことを言います。業者によって本数に違いはありますが、ノルマが決められている場合には利用の有無を問わず毎月決められた本数を注文しなくてはいけません。単身者用は家族での利用に比べて少なめに設定されているとはいえ、季節によっては使い切れないまま翌月の注文日を迎えてしまうこともあります。水にも安全に飲める期限があるので利用をする時はノルマをチェックしておくことが大切です。

注文ノルマがない場合の落とし穴

業者が設定している注文ノルマによって使い切れない水が出てしまうという問題は、注文に制限を設けていない所を選ぶことで解決は可能です。しかし、この場合別の問題が浮上することもあります。その一つがサーバーレンタル料です。月々のボトルの注文ノルマを設定していない大半の業者は契約者からサーバーレンタル料を徴収しています。これはボトルの注文で出ない分、サーバーのレンタル料で利益を上げることが目的です。レンタル料は業者ごとに違いますが、ボトルの最低ノルマで支払う金額より高くついてしまうケースも多いと言われています。ウォーターサーバーのレンタルをする時は、複数の業者から見積もりを取ってトータルの費用が安く済む所を選ばなくてはいけません。

ウォーターサーバーの価格は、入会費、水の使用料、メンテナンス費用、配送料で決まります。水の使用料以外は、無料サービスしているメーカーもあります。