設置する場所でしっかり稼働させられるサイズ選ぶ

ウォーターサーバーを設置する際には、左右と奥にある程度のスペースを確保しておかなければなりません。特に奥側はウォーターサーバーの稼働に影響するため、10cm前後空けておくのが設置の条件となることが多いです。ウォーターサーバーは基本的に、電気の力で水を温めたり冷やしたりする性能が備わっています。そして背中側から放熱をします。また温度調整にはファンが使用されることがほとんどで、通常使用には支障が出ないものの、ある程度振動はしています。そのためウォーターサーバーの背中を壁にピッタリと付けてしまうと、熱がこもったり振動が壁に伝わって大きくなったりする恐れがあります。したがって設置する場所で、十分なスペースが確保できるサイズのウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

圧迫感のないデザインを選ぶことも大切

単身者がウォーターサーバーを選ぶ際には、設置した時に変な圧迫感が出ないことを考えるのも大切です。特にサイズは機能面だけでなく、見た目に大きく影響します。ウォーターサーバーのサイズは製品ごとで様々ですが、人の身長ほどの大きさのものが多いです。そのため背が低い家具の間に設置すると、悪目立ちしてしまう恐れがあります。そのような場合は小さめのサイズを選択することも考えると良いでしょう。またウォーターサーバーのデザインにも幅があります。設置する場所はナチュラル風であったり色を統一していたりと、インテリアにこだわっていることもあるでしょう。そこに無機質であったり色が合ってなかったりするウォーターサーバーを置くと、サイズと同じように悪目立ちします。したがって違和感のないデザインを選ぶようにしましょう。

水宅配サービスは無料で配達してくれるところも多く、自宅にいながら美味しくて安全なお水とお湯が、毎日飲めます。